無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2


んっ。
あれ、なんで私ここに…?


あ、そうか、私、事故に巻き込まれて、、その後…。


お母さんが私の顔を覗きこんで心配した、でも少し嬉しそうな顔で何か言っている。



でも、何も聞こえない。


あっ、あの…


声を出そうとしても思うように出ない。


あれ?なんで…。


その後、先生や看護師さんが来て、何か話しかけている。



でも、その声も聞こえなくて反応が出来ない。



そして、車椅子に乗せられどこかに連れてかれる。


えっ、、私、どこ連れてかれるの…??


連れてかれたところは、色々な検査機があるところだった。


その後は、色々な検査を受けて、病室に戻った。


その数分後…


診察室でお母さんと一緒に説明を受けた。


先生は、クリップボードを使って説明をしてくれた。




私は、____。