無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
皆さんには、大切な人がいますか?
その大切な人は自分を大切にしてくれてますか?

今まで大切にしてくれていた人が急に自分に悪口を言ってきたらどんな気持ちになりますか?

もちろん、自分がその人のことを何とも思っていなかったとすれば、嫌でもなんでもない。「その人は自分のことをそういう人だと思っているんだ」と、わかるだけ。

でも、大切にしてきて、大切にされてきた相手に言われる…。


つまりは、『裏切り』と化かすわけです。


そうなると、苦しくないですか?
悲しくないですか?
今まで交わしてきた相手を想う言葉は、嘘だったのか、そう思いませんか?


愛が故の苦しみです。





だから、拒絶した。





『愛』を。