無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

あなたside
今日は、るぅちゃんは、すとぷりのメンバーと飲み会って言ってたなぁ……


あまりるぅちゃんには、言いたくないな…



余命が1ヶ月もないって事…
(なまえ)
あなた
はぁ…
タクシーで病院まで移動
受付まで行って名前を言って椅子に座った…
看護師
看護師
あなたさん
(なまえ)
あなた
あ、はい……
まっ…て 
目眩が……
看護師
看護師
あなたさん!?
瞬発力のある看護師さんに支えてもらい
倒れることは、避けれた。
(なまえ)
あなた
あ、ありがとうございます……
看護師
看護師
いえ、立てますか?
(なまえ)
あなた
大丈夫です
高峯
高峯
あなたさん、大丈夫??
(なまえ)
あなた
あ、高峯先生……
大丈夫ですよ
この人は、私の担当医だ…
高峯
高峯
本当は、入院してもらわないと困るんだよ?
(なまえ)
あなた
わかってますよ。
でも、どうせ死ぬなら、いいんです
高峯
高峯
治療をすれば、長く生きれますよ?
(なまえ)
あなた
髪の毛抜けるとか嫌です
ホントは、長く生きていたい
高峯
高峯
まぁ、とりあえず診断するね
(なまえ)
あなた
はい
2時間後
高峯
高峯
まぁ、あまりいい状態とは、言えないね
先生が資料をみて言う
(なまえ)
あなた
薬飲んでるのに……
高峯
高峯
この際、入院してみては?
(なまえ)
あなた
考えときます
高峯
高峯
次は、いつ来れるの?
体調のいい日とか
(なまえ)
あなた
まぁ、決まり次第連絡します
高峯
高峯
分かった。
体お大事に
(なまえ)
あなた
ありがとうございます