無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

抗がん剤治療を初めてから、食欲がわかない


はぁ、午後の面会時間まであと2時間


早くるぅちゃんに逢いたい


病院では通話は、禁止なのだ。


病院の外に出たらいいらしいけど、そんな元気ない


あいにく、病室には私以外誰もいない


暇……

そんなこと思ってた時だった
病室のドアが空いたのだ…
看護師
看護師
あなたさん〜
隣に新しい人入りますね
しの
しの
は、初めまして。しの です…
(なまえ)
あなた
あなたです……
ーーーーーーーーーー
しの
しの
あなたさんは、いつからここに?
(なまえ)
あなた
最近だよ…
余命宣告もされちゃった
しの
しの
そうだったんですね…
実は、私も余命宣告されました……
(なまえ)
あなた
そうなんだ……
余命宣告多いねここの病院(笑)
しの
しの
あなたさんは、何されてる方だったんですか?
(なまえ)
あなた
んー
お手伝いだけど作詞かな…
しの
しの
そうなんですか、凄いですね(*^^*)
(なまえ)
あなた
しのさんは、何されてる方なんですか?
しの
しの
私は、ダンスやってたの
でもね…この病気【胃がん】のせいで禁止されちゃった
ダンスは、私にとって生き甲斐なの、だからね、ちゃんと病気治してまた、ダンスやりたいの……
しのさんは、ほんとにダンスが好きなんだなぁって思った

(なまえ)
あなた
一緒に治療頑張ろうね