無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1章【なんで……】
それは、雨が降ってた日の事   



あなたが真剣な顔で、僕に話しかけてきた
(なまえ)
あなた
るぅちゃん、今いい?
るぅとくん
るぅとくん
いいですけど、どうしたんですか?
(なまえ)
あなた
私と別れ…て?
いま、別れて……って?!
るぅとくん
るぅとくん
な、なんで!?
(なまえ)
あなた
私、他に好きな人が…d……
なんで……あなたは、泣いているの?
るぅとくん
るぅとくん
あなた、何かあったんですか?
(なまえ)
あなた
何も……ない
あなたは、嘘をつくと目を見て話さなくなる
るぅとくん
るぅとくん
嘘ついてますよね?
教えてください。
(なまえ)
あなた
わ、私、…もうすぐ死ぬ
し、死ぬ?!
るぅとくん
るぅとくん
え、じょ、冗談ですよね?
(なまえ)
あなた
冗談じゃない。
私は、もうすぐ死ぬの
だから、るぅちゃんを幸せに出来ない(´TωT`)
るぅとくん
るぅとくん
そんなの…いいんです。 
僕は、あなたといられるだけで世界一幸せですよ
(なまえ)
あなた
で、も。
るぅとくん
るぅとくん
だから、僕の傍にいてくれませんか?
(なまえ)
あなた
は、はい…… 
(なまえ)
あなた
ありがとう。るぅちゃん