無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第3話
マホトside
マホト
マホト
はぁー
起きた時に見える、あの写真




あなたのことを思い出す。








約束覚えてるかな。
そらちぃ
そらちぃ
よっマホト
マホト
マホト
(   ¯−¯ )
そらちぃ
そらちぃ
マホト?
マホト
マホト
ん?あぁごめん。ボーッとしてた。
会いたい。
君の中に僕の存在は








「どれくらい占めているか」だなんて










わからないけど










いつか僕で満たされてほしい。