無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

穢れを祓う聖水 ~前編~
ヒメル
ヒメル
まずは、これ!
探しにいこう!
ヒメルが選んだのは聖水だった。


[こんなもの、どこで手に入れるの?]
ヒメル
ヒメル
えっとね
ヒメル
ヒメル
女神の泉から湧き出るらしい……
ヒメル
ヒメル
その名も、フレイアの泉~!
ヒメル
ヒメル
それで……
ヒメル
ヒメル
フレイアの泉ってどこだろう……
ヒメルは視線を本に向けた。
シュバルツ・ルーエ
シュバルツ・ルーエ
……………………
ヒメル
ヒメル
えっと、シュバルツヴァルト、に、
あるっ、て……
ヒメル
ヒメル
「黒い森」、かぁ……
行きたくないなぁ、あの森。
怖いんだよね。不気味だし。
シュバルツヴァルト


外からの見た目が不気味で、誰も寄り付かない。
ヒメル
ヒメル
あんなところいくのぉ?
[大丈夫。見た目は不気味だけど平気だよ。]
ヒメル
ヒメル
そうなの?
[あぁ、行ったことがある。]
ヒメル
ヒメル
へぇ、怖くなかった?
[様子は普通の森と変わらないよ。]
ヒメル
ヒメル
ふぅん……じゃあ安心だね!
ヒメル
ヒメル
よし!
ヒメル
ヒメル
そうと決まれば出発進行!
ヒメルは行動が早い。


僕はそう思いながら彼女の後ろに付いていった。
────────────────────────シュバルツヴァルト
ヒメル
ヒメル
うわぁぁ、やっぱ不気味だねぇ……
ヒメル
ヒメル
モンスターが出てきそうだなぁ……
そんなの出て来るわけ……


ないと思った。


が……
ガサッ
ヒメル
ヒメル
茂みが……!誰かいるの……!?
──────────────────────── Fortsetzung folgt