無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

病を治す薬草 ~後編~
ヒメル
ヒメル
この辺りにあるかなぁ……
病を治す薬草。


僕の病は薬を飲んでも治らなかった。


でも、なおる可能性を信じて……
ヒメル
ヒメル
ん?
ヒメル
ヒメル
あ!もしかして、これじゃない!?
ヒメル
ヒメル
ほら、写真と同じ薬草!
僕は薬草を摘み取った。
ヒメル
ヒメル
今度こそ効くといいね!
僕は薬草を使った。
ヒメル
ヒメル
どうかな?
シュバルツ・ルーエ
シュバルツ・ルーエ
………………………………
沈黙が続いた。


声を出そうと思っても出せない。
ヒメル
ヒメル
これもダメかぁ……
ヒメル
ヒメル
本当に声、出せるようになるのかなぁ?
ヒメル
ヒメル
次も駄目だったら……
ヒメルは俯いてしまった。


僕も申し訳なくなる。


[落ち込まないで。大丈夫だよ。きっと。]
ヒメル
ヒメル
、、、うん。そうだね、頑張ろうね!
ヒメルは再び笑顔を見せた。


[ありがとう。ヒメル。]
ヒメル
ヒメル
えへへっ
──────────────────────── Fortsetzung folgt