無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

市場
商人
商人
安いよ!買っていきな!
商人
商人
こっちのは新鮮でいいよ!
商人
商人
お兄さん!安くするよ!
歩いていると商人たちの賑やかな声が聞こえる。


でも、それに答えられない。
商人
商人
なんだい、無愛想だねぇ。
あぁ


会話ができたら良かったのに。


会話ができたら、さぞ楽しいだろう。


会話ができたら……
ヒメル
ヒメル
いらっしゃいませ!
ヒメル
ヒメル
何か買っていきますか?
シュバルツ・ルーエ
シュバルツ・ルーエ
!…………
僕はただ、唖然としていた。
ヒメル
ヒメル
どうかしましたか?
──────────────────────── Fortsetzung folgt