無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

193
2021/07/20

第5話

戻り、堕ちるセカイ。
井上 紗羅
佐東さんか…。

私は、少し高揚したような気分で更衣室へ行った。

次は体育だ。























先生
それでは、今日は持久走をやります。
モブ
えー


持久走は苦手な競技だ。
先生
それでは、よーいスタート!


最初はよかった。



しかし、仕掛けられたのは1000mを過ぎたところからだ。
井上 紗羅
わっっ


確実に仕掛けられた。

足を出されたのだ。


クラスのみんなは知っているような顔をしている。

しかし、誰一人として私のことを気にかける人はいない。


モブ
早く走りなよ。


かけられる煽りの言葉。

井上 紗羅
あ…うん…。


そういって、私は立ち上がる。














いつもと違う痛みだ。
井上 紗羅
くじ…いた…。
モブ
は?
モブ
ふざけないでよwww
モブ
足弱www
モブ
バレバレの嘘だわwww


本当なのに。

みんな、気づいているはずなのに。

井上 紗羅
ほ、保健室いってきます…。
先生
はい。


私の目からは涙が流れていた。