無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

173
2021/08/16

第8話

また繰り返すセカイ。
井上 紗羅
失…礼…します。

そういって、私は教室に戻る。

周りからは興味なのか、冷やかしなのか分からないたくさんの視線。
モブ
あいつ、まだ諦めてないのかよwww
モブ
あいつの根性だけは称えてやろうぜwww
モブ
まぁ、もうみんなから見放されてるけどなwww
モブ
もしかして、あいつ気づいてないとか?
モブ
あり得るwww
井上 紗羅
もう…やめてよ…。

いつものこと。 

それで、辛くなって、悲しくなって。

どうすればいいのか分からなくなる。

分かってるよ。

ここに私の居場所なんて、ないんだよ。

先生
それでは、今日の授業を終わります。

先生の合図と共に、一斉にみんなが私の方へ動き出す。

それはまるで、私に放たれた大量の矢のように。
モブ
ねぇ、井上さんっ?

辛い。ここから逃げたい。 
井上 紗羅
ダッ
モブ
待て!!!!

無我夢中で走るしかなかった。

後ろから追いかけられているのも知っている。

足を怪我してるから、いつもよりも遅いのも分かってる。

だけど。

だけど。


















こここのセカイから抜け出すにはそうするしかなかった。