無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

202
2021/07/31

第11話

🏥
海に行った日から3日後、
ソクジンオッパの容態が急変した、
とても大きい発作を起こしてしまったのだ
(なまえ)
あなた
ソクジンオッパ、
ドンウク先生
ドンウク先生
最後かもしれない、そばにいてやりな
ジミン
ジミン
ヒョン、
ソクジン
ソクジン
泣くなよ笑
苦しそうながら私たちのことを慰めてくれた
私はソクジンオッパ手を握った
(なまえ)
あなた
オッパ、先行っちゃうの?
ソクジン
ソクジン
や〜そんなふうに言われたら、はぁはぁ、行きたくても行けないじゃないか
(なまえ)
あなた
まだ行かないでよ
ソクジン
ソクジン
俺はもうさ、充分生きたよ、思い出も作ったし、思い残すこともないし
ホソク
ホソク
ヒョン、
ソクジン
ソクジン
先行ってくるな
ピッピッピッピッ……ピーーーー
オッパは静かに息を引き取った
(なまえ)
あなた
オッパ、泣
しばらくしてソクジンオッパのお母さんとお父さんが病院に到着した
ソクジンオンマ「あぁ、ソクジナ、」
ソクジンアッパ「みんな、ソクジナと仲良くしてくれてありがとう泣」
ソクジンオンマ「この子もきっと幸せな最後だっただしょうね、泣みんなほんとにありがとう、」
ユンギ
ユンギ
いえ、僕たちはそんな、
ナムジュン
ナムジュン
こちらこそありがとうございました
(なまえ)
あなた
ほんとに、ありがとうございました泣
部屋に戻りみんなで少し泣いたが泣いてばかりだとオッパも悲しくなると思い思い出話をすることにした
テヒョン
テヒョン
確かヒョンチェミンたちが来た時
ジミン
ジミン
そうそう緊張をほぐさせようとしてオヤジギャグしたけど
ホソク
ホソク
逆に凍らせちゃったよね笑
(なまえ)
あなた
初めてあってあんなのされても固まるしかないもんね
ナムジュン
ナムジュン
俺は意外と好きだったけどなオヤジギャグ
ジョングク
ジョングク
変なヒョンですね
(なまえ)
あなた
笑
その後もたくさん話して寝た
私たちは約束を決めた、私たちが死んでも泣かず思い出話でもして笑おう、そう決めた