無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

215
2021/07/29

第2話

🏥
(なまえ)
あなた
よし、忘れ物ないよね
私は荷物を持って下へ降りた
(なまえ)
あなた
オンマ準備できたよ
ミニョンオンマ
ミニョンオンマ
クズッあっ、できた?なら行こっか
(なまえ)
あなた
うん、
ソジュンアッパ
ソジュンアッパ
荷物積んとくから、先車乗ってて
(なまえ)
あなた
ありがとう
私はオンマとアッパと病院へ向かった
病気が悪化してきたから
今日からまた入院なのだ
病院🏥
担当医「じゃあ病室行こうか」
(なまえ)
あなた
うん
私は小さい頃からよく入退院を繰り返していたから担当医とも看護師とも仲がいい
病室
(なまえ)
あなた
久しぶり〜
テヒョン
テヒョン
おっきたか?
ユンギ
ユンギ
久しぶりだな
(なまえ)
あなた
まあ言うて1ヶ月も経ってないけどね
ソジュンアッパ
ソジュンアッパ
今日からまたよろしくな
ナムジュン
ナムジュン
もちろんですよ
ジョングク
ジョングク
あなたいなくて寂しかったよ
(なまえ)
あなた
そんな、少しの間だけだったじゃん
ジョングク
ジョングク
まあ
ここは8人部屋で小さい頃からずっと
同じメンバーの部屋だ
                   窓
あなた ジョングク
テヒョン ジミン
ナムジュン ホソク
ユンギ ソクジン
こんな感じ
(なまえ)
あなた
はぁ〜落ち着く〜
ホソク
ホソク
そうか?笑
(なまえ)
あなた
うん、だってこっちの方がいるの長いし
ミニョンオンマ
ミニョンオンマ
.........
(なまえ)
あなた
オンマ、そんな悲しい顔しないで?ね?
担当医「ミニョンさんソジュンさんお話が」
ソジュンアッパ
ソジュンアッパ
はい
そう言って担当医とオンマとアッパは行ってしまった
(なまえ)
あなた
私も、お手洗い行ってくるね