無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ご🐱
放課後
先にあなたが図書館に着いて、
目黒蓮
目黒蓮
わァっ
坂本(あなた)
」(。Д。」)ギャ
目黒蓮
目黒蓮
wwwwwwwww
坂本(あなた)
ちょっと!
坂本(あなた)
ここ図書館だよ
目黒蓮
目黒蓮
良いじゃん
目黒蓮
目黒蓮
他に誰もいないよ
坂本(あなた)
居ないね。
目黒蓮
目黒蓮
何で?
目黒蓮
目黒蓮
誰も居ない事ある?
坂本(あなた)
私が、お願いした
目黒蓮
目黒蓮
え?
目黒蓮
目黒蓮
来るなって?
坂本(あなた)
そんな言い方じゃないけど
坂本(あなた)
まぁ
目黒蓮
目黒蓮
良いじゃん
目黒蓮
目黒蓮
見られても
坂本(あなた)
目黒君は良くても、
坂本(あなた)
私はダメなの
目黒蓮
目黒蓮
意味分かんない
坂本(あなた)
いいから、
坂本(あなた)
勉強するよ!
目黒蓮
目黒蓮
おう
実は、一緒にいるところを
目黒君のファンとかに見られたりして
目付けられるのが怖かっただけ