無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6🐳
勉強をしてたら、もう7時を過ぎついて
坂本(あなた)
あっ!
坂本(あなた)
ヤバい
目黒蓮
目黒蓮
え?
坂本(あなた)
もうこんな時間
目黒蓮
目黒蓮
ホントだ
坂本(あなた)
うわ
坂本(あなた)
お父さんから
坂本(あなた)
凄い量の電話かかってきてた
目黒蓮
目黒蓮
大丈夫?
坂本(あなた)
少しヤバいかも
坂本(あなた)
私帰っもいい?
目黒蓮
目黒蓮
うん
目黒蓮
目黒蓮
ごめん
目黒蓮
目黒蓮
俺のせいで
坂本(あなた)
全然気にしないで!
目黒蓮
目黒蓮
でも
目黒蓮
目黒蓮
もう外暗いから、
家まで送るよ!
坂本(あなた)
いやいや、そんな
坂本(あなた)
お父さんに、
坂本(あなた)
男の子と一緒にいた事ばれたら
坂本(あなた)
もっとヤバいから!
目黒蓮
目黒蓮
そっか、
目黒蓮
目黒蓮
俺事務所の後輩だし、、、
目黒蓮
目黒蓮
ごめん
坂本(あなた)
もう
坂本(あなた)
謝るの禁止!
目黒蓮
目黒蓮
え?
坂本(あなた)
分かった?
目黒蓮
目黒蓮
おう
坂本(あなた)
じゃあネ!
坂本(あなた)
またあした
目黒蓮
目黒蓮
(大丈夫かなぁぁ
帰り道
何か最近やけに目黒君素直だなぁ
お父さんが、事務所の先輩だからかなぁ?



あれ?そういえば、
お父さんがジャニーズって事
目黒君に言ったっけ?