無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

発見
そしてその日はそのまま泊まることになった。
はじめさんももう一泊するって言ってて、じゃあ、一緒にってなったんだけど……w
あなた

夜ご飯、ご馳走します!それか、作らせてください!

カンタ
いやいや、いいよ、女性に奢らせるのは……
トミー
うん、そうだよ!俺らが奢るから。焼肉行こう!
はじめしゃちょー
焼肉か〜。いいね。行こ!!
そうして、焼肉に行くことになったんだけど、焼肉行ったら行ったで……
トミーがトイレに行くって言って部屋を出てったかと思ったらもう会計済ませちゃったって言われて。
帰りにアイスだけでも…って言ったらはじめさん食べれないしw((今年の夏は食べれないんだよねww
まあ、コンビニスイーツ奢ろうと思って、
自分のと他の人が選んだのカゴに入れてたら、カンタが「持つよ」って言うから渡したら、勝手に会計しちゃって、結局それも奢られた……
家に帰るとみんな編集。私はその間にお風呂入って、家事を少し手伝う。
そして、いつの間にか夜は更け、私たちは眠りについた。
明日は帰らなきゃ。
------------------✁︎キリトリ線✁︎-----------------
【誰かの家】
▷▶︎▷水溜りボンドの日常を視聴中
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カンタ
はい、ということで、今日はですね、マリオカートをやるんですけどね、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
セメント
は、なにこれ……
それを見ていた男の目には自分が見下している相手────
マネージャーのあなたの姿があった。