無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

焦り
やばい、やばい!ここ、どこだかわかんない💦
とりあえず元来た道もどるか…
とは言っても家を出たのが何時間も前だから
どの道から来たかなんて覚えてないし。
ケータイも充電するのをすっかり忘れてて充電なくて使えないし。
さっきまでいっぱいいた人達はいつの間にかバラバラになってはじめん達を探す人や諦めて帰る人など散らばってた。
でもとりあえずここにはじめん達が戻ってくることはないかな?
こんなに人が沢山いるから。
そう思うと涙が出てきた。
どこだか本当にわからない場所で迷子なんて……
そう思って俯いた。
すると
はじめしゃちょー
あなたちゃんっ!!
あなた

へっ……?

前を見るとさっきはじめん達が逃げた方からはじめんが走ってきて。
他のみんなは居ないけど
また人が集まってきて、私達は無我夢中で逃げた。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
もしかしたら明日から来週まで出せないかもしれません!
出せたら出します!