無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

電柱の下で。
あなた

はじっめさんっ

「大丈夫ですか?お嬢さん───」
そう話しかけてきたのははじめしゃちょーだった、
はじめしゃちょー
大丈夫ですか?
あなた

っっ

はじめしゃちょー
話だったら、僕が聞きますよ?
あなた

でもっ

はじめしゃちょー
君のことを今、帰したらどうなる?
あなた

へっ

あなた

(´・_・`)

はじめしゃちょー
だから、今日は帰しません。
あなた

は?

はじめしゃちょー
傷つけたくないので、ねw
そう言うとはじめさんはどこに電話をかけ始めた。