無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

ありがとうございます、
ピンポーーン
インタホーンの音が外まで聞こえた。
??
あっ、やっぱりはじめさん
そう言って中から出てきたのは水溜りボンドの2人。
カンタ
はじめさん?!いきなりどういうことですか?w
はじめしゃちょー
いやぁ、僕も泊まらせてもらうしもう1人くらい大丈夫かなぁってw
トミー
まだ男のYoutuberとかだったら良かったけど…女性って……
カンタ
本当ですよ!
どうするんですか?!部屋、ありませんよ?
はじめしゃちょー
まあまあ、話聞くだけだから
カンタ
そちらの方とのご関係は?
はじめしゃちょー
んーー、UUUMの社員さん?
カンタ
えっ?
はじめしゃちょー
初めて会ったのは今日だよ、
トミー
バカなんすか?w
私は我慢できなくなって口を開く
あなた

迷惑なのは分かってましたから、私、これで失礼します

はじめしゃちょー
あっ、ちょっと待って、
あなた

……?

はじめしゃちょー
だから、頼むよ〜〜💦
カンタ
…分かりました、どうぞ
はじめしゃちょー
ありがと〜〜😘
カンタ
汚いですけど、ごめんね、
あなた

いえ、お手数おかけします。

トミー
どうぞ〜
あなた

お邪魔します。