無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

お願い
はじめしゃちょー
座って?
あなた

…はい、

そう言って私はソファーに腰をかける。
トミー
??
カンタ
どうかしたんですか?
はじめしゃちょー
あなたちゃん、セメント加工(架空のYoutuberだよー!)のこと話していい?
あなた

あ、はい

そして、はじめさんは水溜りボンドの2人に全部話した。
その間、お二人の顔はどんどん険しくなっていく。
はじめしゃちょー
……なんだって、
カンタ
ふーん、
トミー
それ本当の話ですか?
はじめしゃちょー
本当本当。
はじめしゃちょー
それで、提案というか、お願いがあって
カンタ
はじめしゃちょー
俺さ、静岡に住んでるから、なかなかあなたちゃんと会わないじゃん?
はじめしゃちょー
だから、たまーーにでいいから、会ったら、話すとかして貰えると……
あなた

そんな!

トミー
あなた

そんなにご迷惑かけられないです、

カンタ
いやいや、もう泊まってるのに何言ってるの?ww
あなた

へ?

カンタ
ここまで迷惑かけられたから、もうそれに乗っかります。
あなた

…は?

トミー
それと、はじめさん、
はじめしゃちょー
ん?
トミー
他のYoutuberにも言ってみたらどうですか?そうすれば、僕らがいない時でも、誰かが話してくれると思いますよ、
はじめしゃちょー
おー、そうだね、
あなた

いやいや、そんな大勢の人に…

はじめしゃちょー
あなたちゃんってUUUMの社員さんなんでしょ?
あなた

はい…

はじめしゃちょー
じゃあ、いつも僕らのこと助けてくれてるから、困った時はお互い様っていうことで、
こうしてほぼ無理矢理私はYoutuberさん達に助けてもらうことになった