無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

お部屋
ソファーに座ってふぅーっと息を吐く。
なんか疲れが取れるなぁ。
カンタ
……ちゃん、あなたちゃん、あなたちゃん!
あなた

ん、あっ、はい!

あなた

なんでしょう?

カンタ
ごめん、泊まる部屋なんだけどさぁ、
あなた

はい。

カンタ
はじめさんと同じでも大丈夫??
あなた

あーっ、と、はい。

トミー
本当にごめんね。
あなた

あっ、大丈夫です。

トミー
家にあるものとか、食べたいものとかあったら、いいからね。
あなた

ありがとうございます

あなた

あのー、お願いがあるのですが……