無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

居た。
それから仕事をソッコー終わらせてロビー?に向かい、アバンティーズを待って、一緒にアバハウスへと向かう。
あなた

(うわー。緊張する…)

それが顔に出てたのかそらちぃさんが話しかけてくれる。
そらちぃ
そんなに緊張しなくても大丈夫だよ(*^^*)
あなた

は…はあ。

上手く応答も出来ずに俯いた。
それからアバハウスについて
家に入る。
あなた

お邪魔しま〜す

靴が多いな…と思いながら玄関に入り、廊下を進む。
そして、そらちぃさんがリビングのドアを開けてくれて、入ると



なんと、



そこには





















はじめしゃちょーの姿が。
あなた

へっ……?えっ?

はじめしゃちょー
久しぶり(*^^*)。あなたちゃん。
戸惑ってるとはじめさんはそのまま言葉を続ける。
はじめしゃちょー
今日はアバハウスに泊まりに来たんだけど、ついでに…というか泊まるのがついでか。w
あなた

??

状況の整理がつかないまま話が進んでいく。
はじめしゃちょー
あなたちゃんを迎えに来たんだ。
あなた

へ?

はじめしゃちょー
あなたちゃん。はじめアミューズメントパークに来てください…!
あなた

えっ?えっえ?

アバンティーズの方を見るとみんなニコニコ。
はじめさんを見ると目を輝かせて私に手を伸ばしてる。
あなた

えええええええええええ?!