無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

はじめさん
コンコン
あなた

失礼しまーす

あ、編集に熱中してるw
すごい。ほんとに集中してるんだぁ。
ノックしても、
ドアを開けても、
話しかけても、
気づかない。
はじめしゃちょー
…!
あなたちゃんかぁ。
あなた

はい。はじめさん、編集、あとどのくらいかかりそうですか?

はじめしゃちょー
んー…
まだ分かんないなぁ。でも、多分1時間以内には終わると思うよ。
あなた

分かりましたぁ。

あとは、私は邪魔をしないように。
あなた

じゃあ、リビングで待ってるので、頑張ってください!

はじめしゃちょー
……うん
あなた

なんか、悲しそう?w
気のせいかな。
あなた

それじゃあ、失礼しましたぁ。

そう言って、私は部屋を出て、ドアを閉める……
閉める前の一瞬だけ、はじめさんの目を見てみた。
その一瞬で目が変わったように見えた。
本当に一生懸命なんだな……
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
作者
作者
すみません。我、風邪をひいて、さらに語彙力が低下した。w(今、熱が38度w)
明日、もしかしたら休むかもしれません!すみません!