無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

○✕ と お知らせ
はい。来ましたワゴン車。
前回のあらすじー。セメント加工弾道隊を怒らせた私はお仕置きをされるのであった。終わり。
※作者こういう描写かくの嫌いなので飛ばします!!
まあ、結果的に言うと彼らと大人の遊びをした
終わり。
そして、道端に取り残された私は1人、月の下を歩いた。
とりあえず家に帰ろう。
あなた

(˘•̥௰•̥˘)

絶ッ対泣かない。あいつらのために流す涙なんかもったいない。
……家に帰ってどうする?物に当たる?twitterに載せる?友達に相談する?

まあ、友達と言っても友達少ないからあいつらとこういう経験した人しか友達にいないんだけどね、
だから、みんな、迷惑だよね。

もううんざりだよね、
あなた

……っ辛い

あなた

誰かとっ話したいっけど

誰も聞いてくれない、
??
お嬢さん、











お知らせ!!!
作者
作者
どうもー。いつも小説を見ていただきありがとうございます。
今回は、まあどっちでも構わないよー。って話なんですけど、twitterをフォローしていただけると嬉しいです。そうすると私も、お知らせが気軽に出来たり、アンケートを取れたりするので、是非フォローして頂けると嬉しいです。そして!!今週末(7月14日土曜日)までにフォローして、私にここのコメント欄か、twitterで、プリ小説からフォローしましたー、と一言声をかけてくれたら、こちらもフォローするので。是非この際、フォローしてくださると嬉しいです。
※※短くてすみません!!