無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

雄叫び
あなた

はあっ

はじめしゃちょー
良かった、何とかまけたみたいだね。
気づいたらはじめんの家まで戻ってきていた。
はじめんが畑のメンバーと連絡をとってくれようとしたけど、もう家にいたみたい。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
あなた

ああっ、なんかごめん。あの時私もちゃんと逃げてれば……無駄な労力を使わせることはなかったのに……

はじめしゃちょー
いやいや、大丈夫だよ。
はじめしゃちょー
それよりも静岡で迷子になられることの方がね、
あなた

ほんとっごめん!!!!

はじめしゃちょー
んーーー。
はじめしゃちょー
じゃあ、ラーメン奢ってよ。
あなた

ええっ?!さっきも食べてたじゃん!

はじめしゃちょー
うん、だから、明日とか。
あなた

えー。うん、分かった

はじめしゃちょー
よっしゃっ
はじめしゃちょー
俺のだけでいいから!
あなた

えっ、大丈夫なの?

あなた

他のメンバーにも迷惑かけたのに

はじめしゃちょー
え…どうする?
あなた

いや、やっぱり私が……

たなっち
じゃあ、なんかラーメン以外奢ってもらえばいいんじゃないですか?
はじめしゃちょー
例えば?
やふへゐ先生
チャーシューとか、チャーハンとかってこと?
あなた

まあ、分かりました。

てことでなんかラーメンとその他もろもろ奢ることになりました。
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
お久しぶりです!
また頑張ります!
応援の方、よろしくお願いします