無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

相談 #6
モトキ
ンダホ、今から会える?
ンダホ
いいよ、どこ?
モトキ
近くの公園にいるから
ンダホ
わかった
俺は、どうすればいいんですか。
ンダホ
モトキ!
モトキ
来てくれたんだねありがとう
ンダホ
どうせ相談だろ?
モトキ
ああ、わかった?
ンダホ
わかるよ、あなたのことでしょ
モトキ
なんで分かるの
ンダホ
授業中なんかあなたのことガン見じゃん
モトキ
…よく見てるね……
ンダホ
喧嘩でもしたの?
ンダホ
まさか…
モトキ
俺好きになった
モトキ
あいつのこと。
ンダホ
ほー…
ンダホ
あなたの事考えるとどんな気持ちになる?
モトキ
気持ち?
…なんか物足りないっていうか、会いたくなる。
ンダホ
授業中とかは?
モトキ
気づいたらあなた見てるし目合ったらそらしちゃうし…なんかしら理由つけてあなたの近くにいたいし
ンダホ
それもう完全にあなたに惚れてるね
モトキ
……
ンダホ
とりあえず様子見てみなよ
モトキ
あなたは俺のことどう思ってるんだろうな。
ンダホ
聞こえないように言ってるんだろうけど聞こえてるよw
モトキ
うっ……
ンダホ
あなたはモトキの事ね
モトキ
いや!わかってるから言わなくていい
ンダホ
好きだと思うよ
ンダホ
まあ頑張れよ
ンダホ
俺飯の時間だから帰る!
ンダホ
今日のご飯はハンバーグ!!明日ね!
あなたが俺のこと好き…?
いやありえない
ありえない……
はあ……あなた…
好きです。
















































届け、この思い。