無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

#3
流星『あなた〜早くどこに入るか決めんと〜』



しげ『美咲達はどこに入るか決めたん?』




美咲『当たり前やろ。逆に決めてないと思ってたん?』




流星『なんや、美咲しげにあたり強いなぁww』




奏『しょーがないでしょ。ツン&デレカップルなんだからww』




あなた『ああ''ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ』





男子1『藤井ぃーうるせぇーぞーww』




あなた『謝罪する気はなーい』




男子1『ならばぁ〜諦める〜』




謙太郎『お前らのクラスうるさすぎ💢』




流星『おぉー来たかぁけんちゃん!』




あなた『けんちゃーん、どこ入ればいいと思う〜?』




謙太郎『うるさくなるからうちには来るな。』




しげ『ええやんかぁー、あなた来たら
賑やかなるでぇー!なぁ、流星』



流星『せやなぁ、んまぁ、あなたの好きなとこでええんちゃうの?』




あなた『それが一番困るんやってりゅーにぃ』




謙太郎『んなこと言ったって、あと2日しかないぞ?』




あなた『わかってるけどさぁ…』




謙太郎『…じゃあわかった!お前SixTONESに入れ!』




あなた『ンンー…SixTONESかぁー』




謙太郎『何?不満?(圧)』



あなた『いや、そーゆうわけじゃないけど…』



謙太郎『じゃあなんだよ』



あなた『いや、知り合いいないし…』



美咲『いいじゃん、行ってみなよ!』



奏『そーだよ!別にグループ別れたからって敵ってわけじゃないんだから!ね!』



あなた『2人がゆうなら…うんっ!じゃあSixTONESにする!』



しげ『なんやぁ〜あなた、うちに来ないんかぁ…』



流星『まぁええやん!寂しくなったらうち来ればいつでも会えるんやし。』



しげ『やな!』