無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,235
2018/02/12

第10話

連絡…まだ?
それから3日後の日曜日の事。

休日にも関わらず、光は朝から会社の人と野球の観戦へと出掛けてしまい、家には私一人だった。
あなた

はぁ

何をする訳でもなく、ただじっとリビングてなテレビを眺めるだけの時間。これがまた、とても退屈で退屈で仕方なかった。
ソファにうなだれる私は、ふと慧くんの事を思い出した。

そう言えば、連絡先を交換したと言うのに未だに彼からの電話どころかメッセージの一つも来ていない。



何気なくスマホを開き、メッセージの受信を確認する。が、やはり慧くんからの連絡は一切来ていなかった。

……あれは一体何だったんだろう。
もしかして、ただ単に誰かとシたかっただけだったのかな。連絡先を交換したのも、その口実だったりして。
あなた

………何考えんだろ、私

何残念がってんだろう、本当バカみたい。
それならそうで別にいいじゃない。光を裏切らなくて済む訳だから。
………でも、それ以上に胸がキツく締め付けられるのは何でだろう。

好きでいてほしい、騙されていたくない、なんて私ったら一体何を考えて……。

会いたいと思うこの胸が貴方を求めて脈を早める。やっぱり連絡……来ないかな。
ミヤネ
今度の新曲は“禁断の不倫愛”がテーマらしいですが、shadowboyのお2人は不倫愛というのに対してどのようなイメージをお持ちで?
付けっぱなしにしていたテレビから“不倫”という言葉が流れ、とっさに私は視線を向けた。

shadowboyって確か、最近人気の2人組アイドルだったわね。メンバーは……高木雄也と中島裕翔と言う可愛らしい男の子だったはず。
高木雄也
高木雄也
不倫、ですかぁ……既婚の身だと2人だけの問題じゃないんですもんね
中島裕翔
中島裕翔
そもそも不倫愛って、ねぇ?
2人はまるで他人事のように顔を見合わせ苦笑していた。うん、やっぱりそうだよね。
不倫なんて、そんなの………。
中島裕翔
中島裕翔
それに、因果応報ってよく言いますしね〜!
ミヤネ
……おっ、難しい言葉お知りなんですねぇ?
……因果応報?
高木雄也
高木雄也
いんか……応報?
中島裕翔
中島裕翔
元々仏教用語だった四字熟語なんだけどね、簡単に言うと……
ミヤネ
『自分のした事は自分に返ってくる』
つまり、何かいい事をすればいい報いが、悪い事をすれば悪い報いが返ってくる、という事だよ
……馬鹿馬鹿しい。
と同時に浮かび上がった少しばかりの動揺を隠すように、私はテレビの電源を消した。
あなた

……因果応報、ねぇ

そんな事、本当にあるのなら私にはきっと………。
と、そんなしょうもない事を考え込んでいた私のスマホに、一通の通知が入った。

誰からだろう。
何気ない気持ちで通知を開くと、それは首を長くして待ち望んでいた“あの人”からのメッセージだった。
あなた

………っ!

メッセージにはたった一言、こう書かれていた。
慧くん
慧くん
『今から駅前のフタバで会えない?』
私は大急ぎで支度を済ませると、しっかりと鍵を掛け駅前へと足を走らせた。