無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

116
2020/09/18

第3話

2
放課後
田中
なあなあ奏!この後暇ならカラオケいかね?可愛い子もいっぱい来るからさ!
椿木 奏
ええ、やだよ
帰りの準備をしてると、友達の田中が話しかけてきた。
田中
頼むよ!佐々木部活でいないしさ、あと一人足りないんだよ!頼む!このとおり!
1人足りないということは。やっぱり合コンか。
社交性のない俺が行ったって話せるわけもないのに、ましてや女子とだなんて無理にも程がある。
椿木 奏
なんで俺が行かなきゃいけないんだよ。他のやつ誘えよ
田中
少しだけでもいいから!お願い!お願いします!
なんでこんなに必死に誘ってくるんだこいつは。
まぁ、今日は蓮も生徒会で忙しいみたいだし、家帰っても暇だから
椿木 奏
……はぁ、少しだけだからな?
田中
まじサンキュー!よっしゃ、じゃあ早く行こうぜ!
一応蓮に連絡しとこうと思ったけど、どうせすぐ帰るしやっぱいいか