無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
まぁ……会えるわけないか………何考えてるんだろ…僕…
そう言って立ち上がろうとしたとき
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
おわっ!!!
微かに誰かに押されたような感覚
少し見えた見覚えのある顔……………こいつは………
アイビー
アイビー
貴方が望んでた選択よ。
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
アイビー!!
______________________________
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
………もう終わるのかな…僕…
深い穴に落ちた僕には、生きれる確率なんてそんな無いでしょう?
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
……サリナに…会えるかなぁ………
……もう少しでこの穴の終わりが近づくような気がして



覚悟して目を閉じた………
リア・エリザベス
リア・エリザベス
おーーーい!大丈夫?
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
……ん?
痛くもなかったし、人の声が聞こえてきたので目を開けると…
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
……え?
サリナに似てる子にお姫様抱っこされてる…?
リア・エリザベス
リア・エリザベス
あ、生きてるね、良かったぁ…
そう言って彼女は優しく降ろしてくれた…




………聞いてみようかな
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
あ、あの!…貴方は、サリナですか…?
リア・エリザベス
リア・エリザベス
???サリナ?私のお姉ちゃんだよ?
ルナ・ムーン
ルナ・ムーン
………え?