無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

583
2021/03/27

第5話

心配されてみた
※付き合ってる設定
あなた .
げほっ、ごほ…



【虎杖悠仁】
虎 杖 悠 仁 .
あなた大丈夫?風邪?
大丈夫!、と貴方は言いますが信じきれず額に手を置きます。その瞬間「あっつ!!」と驚き、焦って「救急車!?」などと言い始めますが、最終的にはきちんと貴方の部屋に送ってくれます。
虎 杖 悠 仁 .
早く気づいてあげられなくてごめんな…?


【伏黒恵】
伏 黒 恵 .
体調悪いだろ、隠すな
そう言って貴方に弱めのデコピンをします。彼には隠そうとしても無駄なようです。おんぶされて部屋に強制連行され、貴方の代わりに任務もしてくれます。
伏 黒 恵 .
頼れよ、心配するだろ…


【五条悟】
五 条 悟 .
はーい、無理しなーい
顔を見た瞬間具合が悪いと分かり姫抱きでベッドへ連れていきます。体温計を渡してくれたり冷えピタを貼ってくれたりとても気を使ってくれます。早く治しましょう。
五 条 悟 .
もう、すぐ無理するんだから


【夏油傑】
夏 油 傑 .
顔色が悪いよ、休んだらどうだい?
そう言葉をかけられてから直ぐにしゃがみこんでしまった貴方を見て、少し焦ります。目線を合わせ背中をさすり、体調が良くなってから横になれる所へ連れて行ってくれます。
夏 油 傑 .
ずっと我慢していたんだね…すまない


【七海健人】
七 海 健 人 .
っ!?あなた!?
倒れそうになった貴方を抱き抱え、混乱します。様子がおかしい事は気づいていましたが、声をかけられず後悔します。目を覚ますとベッドの上で、彼が手を握ってくれています。
七 海 健 人 .
目を覚ましてよかった…ゆっくり休んでください


【狗巻棘】
狗 巻 棘 .
おかか!!明太子!!
おでこ同士を合わせ、その熱さに驚きます。片手は背中に、もう片方は手を握り、部屋までゆっくり送ってくれます。治るまでずっと傍を離れません。
【乙骨憂太】
乙 骨 憂 太 .
あなたちゃん!?大丈夫!?
寒さを訴え抱きついてきた貴方を抱え、走り出します。部屋に着いてからはやりすぎな位お世話を徹底してくれてとても助かります。気付けなかったことに責任を感じている様子。
乙 骨 憂 太 .
びっくりした…すっごく熱かったから…!


【伏黒甚爾】
伏 黒 甚 爾 .
お前…風邪か?
ソファにだるそうに寝転がり、咳をする貴方を見て目を丸くします。いつものヒモ生活が嘘のように身の回りの事をし始め、傍にいてくれます。
伏 黒 甚 爾 .
驚かすなよ…早く言え


【両面宿儺】
両 面 宿 儺 .
休め
優しい声のかけ方が分からなかった彼は、それだけ言って無理やり寝かせてきます。不器用ですがとても優しいんです
両 面 宿 儺 .
フン、早く治せ…