無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

522
2021/03/30

第12話

特級呪霊を一瞬で祓ってみた
※付き合ってる設定


【虎杖悠仁】
虎 杖 悠 仁 .
えっ!?今のあなたがやったの!?
凄い!というきらきらした目で見てくる可愛い彼。心做しか犬耳と尻尾が見える気がしますね。はい。貴方の術式についてもう一度聞いています。
虎 杖 悠 仁 .
助かった!ありがとな!


【伏黒恵】
伏 黒 恵 .
は?…今の特級レベルだよな…?
あまりにも瞬殺すぎて呪霊の等級を疑います。ごめん私がやっちゃった、と言うと、いや、謝ることじゃねぇけど…と困惑している模様。少し複雑なのかもしれませんね。
伏 黒 恵 .
俺が守るんじゃなくて、守られる側なのか…?


【五条悟】
五 条 悟 .
えっ
彼らしくない声が漏れます。呪霊がいた場所を見て、貴方を見て、また呪霊がいた場所を見ます。沈黙の後に「今のきらら?」と聞いてきます。頷くと一拍置いてくつくつと笑います。
五 条 悟 .
最強の彼女も最強ってのも面白いかなー?


【夏油傑】
夏 油 傑 .
あなたは強いんだね
目を丸くしてそう言います。彼にとってとても意外だったようです。嫌?と聞くと、「全然。むしろ最高さ」と返ってきます。
夏 油 傑 .
弱くても強くても君は君だよ


【七海健人】
七 海 健 人 .
あなたは下がって…!?
突如貴方の術式で祓われた為フリーズします。5秒経ってやっと我に返った彼は、頭を抱えます。「どうして私の周りは強者しかいないのか…」と呟きます。
七 海 健 人 .
まぁ、貴方が呪術師としてどうあろうと、一人の人間として好く気持ちは変わりません


【狗巻棘】
狗 巻 棘 .
…おかか?しゃけ?
今のきららはやってないの?それともやった?と聞いてきたので、「私がやったよ」と答えます。彼は有り得ない…という様子で昆布…と言います。


【乙骨憂太】
乙 骨 憂 太 .
えっ!?えええええええ!?
驚きを隠せない様子です。「きららちゃんってそんなに強かったの!?」と叫びます。「なんか出来ちゃった」と返す貴方の顔を何度も見て、「すっご…」と繰り返します
乙 骨 憂 太 .
僕もあなたちゃんを守れるように頑張るよ!


【伏黒甚爾】
伏 黒 甚 爾 .
マジかよ…
信じられない、とでも言うようにおでこを手のひらで覆います。「お前チートか?」と聞いてくる彼の発言に笑うと、そこ笑うとこじゃねぇだろ…と返されてしまいました。
伏 黒 甚 爾 .
ま、俺ァ強ぇ女のが好きだぜ?


【両面宿儺】
両 面 宿 儺 .
ほう、やるではないか
高みの見物、と言った様子で貴方が呪霊を祓うのを見ています。祓い終わると、「流石俺の女だな」と褒めます。
両 面 宿 儺 .
あんな呪霊如きに負けるつまらない女じゃないと信じていたぞ