第7話

220
2018/07/01 10:57
気まずい空気になった
凱里と優紗
優紗
優紗
で、でも
学級委員だし…
1人だけ避けるとかダメだよね
優紗
優紗
よし!
洸哉
洸哉
杏奈
杏奈
洸哉
洸哉
2人でドギマギして何してんだろーな
凱里と優紗
杏奈
杏奈
えー
なんか怪しいー( ^ω^ )
凱里
凱里
そ、そー言えば学級委員?
耳貸してくんない?


がっ、学級委員長
『俺、あの事ほんとだから
覚悟しておいてね?
俺夢中になるとその人に意地悪したくなるから…(^人^)』
優紗
優紗
!?!?!?///
凱里はその言葉だけ残して

教室を出て行った
優紗
優紗
も、もう
耳弱いんだって…/////
いきなりやめてよ….もう/////
優紗
優紗
〔て、てか
今、耳くすぐったくて
気づかなかったけど
凱里君に私告られた?///////////〕
➖➖➖➖➖➖➖その頃凱里は➖➖➖➖
凱里
凱里
や、やべ…
ついあんな事言っちまったけど
俺学級委員に告っちまった…
///////////
凱里
凱里
俺…
こんなんで隣に座ってられるかな…/////////
凱里&優紗
凱里&優紗
も、もう〜
凱里君
俺 のせいでーー
これからどうすればいいの?