第2話

中学最後の大会
562
2022/02/23 07:36
太宰の所属する北川第一は宮城県でもトップクラスの強豪である。

太「うーん、眠い」ふぁぁぁ

そう、この試合前というのに呑気に欠伸をしている少女こそ北川第一のマネージャー、太宰瞳月である

本来なら会場内にいるはずなのだが、人混みを嫌うため外にいる。ちなみに無断である。

そのため彼女の幼馴染の影山飛雄はいつもよりイライラしていた。

影「おい!瞳月は居ないのか!!!」

1年「すみません!目を離した隙に.........。」

影「いい、探してくる。」

イライラ

1年(やべぇ、影山さんめっちゃキレてる.......)

とにかく太宰の無事を祈る1年生であった。

プリ小説オーディオドラマ