第5話

私の名は.......
440
2022/02/23 07:45
太宰side

結局あの試合の結果はうちがストレート勝ち。
当然だけどね。

でもウチのチームは、大差で勝った人間の雰囲気じゃあないね。

影「おい、行くぞ。」

へいへい

━━━━━━━━━━━━━━━
日「お前がコートに君臨する王様なら!!!そいつを倒して!おれが1番長くコートに立ってやる!!!」

ン?

影「.......コートに長く立つのは勝った奴....
強い奴だけだ。」

「勝ち残りたかったら強くなってみろよ。」

ふふっ、もしかしたら飛雄は彼に期待してるンじゃあないかな?

太「日向○陽くん」

日「!?何時からそこに、てか誰.......」

太「さっきからさ、所で君高校は何処に行くんだい?」

日「えっ、烏野高校にですけど.......」

太「烏野高校かい?どうしてそこに?」

日「小さな巨人になりたくて.......」

太「その身長で?」

日「この身長だからです!小さくてもおれは‪”‬とべる‪”!!!‬」

太「!!!」

ふふっやっぱり彼は面白い。
伸ばしたらとんでもないんじゃあないかい?

日「あのー、ところであなたの名前は?」

太「私かい?私の名は太宰、」

_太宰瞳月だ_

日「太宰さん.......あのっ」

影「おぉーいっ!!!置いていくぞクソ太宰!!!」

太「おやおや、では私はここで失礼するよ〜」

日「えぇー、はい.......」(自由だな)

またね?日向翔陽くん

高校でまた会おう

プリ小説オーディオドラマ