第2話

仕事(名前は嫌いな人の名前を入れてね☆)
ミカ
ミカ
さてさて、ここでの初仕事よ☆
あみ
あみ
えぇ〜もう仕事すんの?めんどくさーい☆
ミカ
ミカ
文句とかは神様に言いなさい?
あみ
あみ
え!?言っていいの!?
ミカ
ミカ
やっぱりやめなさい…私の方に来そうだから☆
ミカ
ミカ
まぁ、そんなことより今回の犠牲者を発表します!
あみ
あみ
話しそらした…(ボソッ)
ミカ
ミカ
この方です!
デデーン!
あなた

え、なにここ…?

あみ
あみ
ようこそあなたさん☆
ミカ
ミカ
私達はブラッティーカーニバルでーす☆
あなた

ブラッティーカーニバル?

ミカ
ミカ
そんなことより、あみこの子は一体何をやらかしたのかな☆
あみ
あみ
えっと、この子は
他人への暴言☆
ストーカー☆
暴力☆
などを繰り返し行ってたみたいよ☆
ミカ
ミカ
うわぁ、なにそれ、きっしょーい☆
あなた

はぁ!?そんなの知らない!

あみ
あみ
言い逃れしようとしてるの〜?
きっしょーい☆w
あなた

なんですって…!?

ミカ
ミカ
まぁまぁ落ち着いて☆
あみ
あみ
そうですよ☆あなたさん落ち着いてください☆
ミカ
ミカ
ほら、あみ説明してあげて☆
あみ
あみ
はいよ☆
まずあなたさんには
ゲームをしてもらいます☆
あなた

ゲーム?

あみ
あみ
はい☆
ゲームでミカに勝てば
あなたさんをお家に帰してあげますよ☆
あなた

本当に!?

ミカ
ミカ
私達に二言はないわ☆
あなた

いいわよ、受けて立つわ…

あみ
あみ
おぉ〜☆
じゃあ、スタジアムに行きましょ☆
あなた

スタジアム…?

あなたが連れてこられたのは大きな
会場のような場所、いろんなものが置かれていた
ミカ
ミカ
んで、あみ、今回のゲームはなに☆
あみ
あみ
今回はものすごく簡単☆
叩いてかぶってジャンケンポン☆
あみ
あみ
3回勝負よ☆
負けた方には死んでもらうわ☆
あなた

は……?

あなたは混乱したような顔をしている
ミカ
ミカ
どうかしましたか☆
あなた

は……え?どうかしましたかじゃなくて…
いま…なんて……?

あみ
あみ
ん?だから負けた方には
死んでもらいます☆
あなた

そんなの聞いてないわよ!?

あみ
あみ
いや、聞かれてないですもんw
あなた

なによそれ…!?

あみ
あみ
もう、うるさいなぁ〜☆
ミカ少し思い知らせてやってよぉ☆
ミカ
ミカ
えぇ〜☆
めんどいから嫌よ☆
あみ
あみ
今度何か奢ってあげるから☆
ミカがナイフを取り出した
ミカ
ミカ
んじゃ、今度ラーメン奢ってね☆
あなたに近づきナイフをあなたの首元へ
あなた

ひっ…!?

あなたは恐怖のあまり転けてしまっまた
あみ
あみ
仕方ないわね☆
ミカ
ミカ
てかあなたさんはやく立って☆
はやくゲームしよ?
あなた

い、嫌だ…死にたくない……嫌だ嫌だ嫌だ

ミカ
ミカ
も〜うるさいなぁ〜
あみ殺していい?
あみ
あみ
ダメよ☆
殺したら給料減らされるわよ☆
ちゃんと正式にゲームしないと☆
ミカ
ミカ
めんどくさいわね☆
神様
神様
いや、面倒くさがらないでよ…
ミカ
ミカ
うわぁ!?びびった!?
神様なんでいるの!?仕事中です!
邪魔しないでください☆
神様
神様
いや、少し気になってね
ごめんごめん、また後でくるよ
あなた

え、ちょ、助けて!!!!

神様
神様
ん?僕に言ってんの?
あなた

そうです!助けてください…!!!!

神様
神様
嫌だよ?
あなた

え……そんな…

神様
神様
僕は神様だけどあなたさんを助ける気は 
一切ないから、僕が助けない=君は悪人ってことだから
あなた

わ、私何もしてない!!!!
神様なら助けてよ!

神様
神様
何もしてないねぇ…
まぁ、いいや
僕の可愛いミカ、仕事頑張ってね♡
ミカ
ミカ
神様のじゃないので☆
とりあえず、仕事中だから
出ていってください☆
神様
神様
つれないなぁ〜
まぁ、いいや、じゃあね!
あなたさん、せいぜい頑張って
ゲームに勝ちなよ
そう言い神様は出て行った
ミカ
ミカ
それじゃあ、始めましょうかあなたさん☆
あなた

……もういいわよ
やってやるわよ!

あみ
あみ
おっ!?やっと始まるみたいね☆
それじゃあ、道具の説明☆
これがヘルメットで!
これがハンマー☆
そう言い紹介されたのは
ヘルメットと金槌だった
あなた

こ、こんなの死んじゃうじゃない!?

ミカ
ミカ
え?当たり前でしょ?
このゲームは殺し合いなんだから
そう言いミカは笑った
あみ
あみ
はいはい、私暇だから
さっさと始めましょう☆
ミカ
ミカ
そうねあなたさんも
準備はできたでしょ?w
あなた

い、いいわよ!やってやるわ!

あみ
あみ
それじゃあ、叩いてかぶってジャンケンポン!スタート!
ミカ
ミカ
叩いてかぶって!
あなた

ジャンケンポン!

あなた

……え?

あなたの視界は真っ赤になっていた
あみ
あみ
あら、ミカ新記録じゃない☆
0.98秒よ☆
ジャンケンの時
ミカはグー
あなたはチョキを出していた
ミカ
ミカ
あら、はやくなったわ☆
あなた

な、なんで、目の前が真っ赤に……

ミカ
ミカ
ん?それは私がこれで叩いたからよ☆
ミカの手には血にまみれた金槌があった
ミカ
ミカ
あ、まだ死んでないしヘルメットも被ってないから叩いていいかしら☆あみ☆
あみ
あみ
ん〜?いいんじゃない☆
ミカ
ミカ
じゃあ、一思いに殺してあげるよ
あなたさん☆
あなた

い、いや、来ないで……こっちに来ないでッ…!

ミカ
ミカ
いーや☆
そう言うとミカはあなたの前で立ち止まり
思いっきり金槌を振り下ろした
あなた

い、痛いッ……

ミカ
ミカ
んー、今謝れば許してあげるよ?
あなた

ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさいッ……!

ミカ
ミカ
ダーメ☆
そう言いミカは自分が持っていた拳銃を出し
あなたを撃った
あみ
あみ
あら、あっけない終わり方ね☆
ミカ
ミカ
つまんない子だったわね☆
あなたさん、あなたのことは
私達が覚えといてあげる☆

まぁ、他の人は忘れるだろうけどねw
あみ
あみ
可哀想なあなたさん☆
ミカ
ミカ
さてと、この死体は神様が処分してくれるし
私達はブラッティーハウスに帰りましょ☆
あみ
あみ
そうね☆
ミカ
ミカ
あ、今日のご飯はポトフにしてよ、あみ☆
あみ
あみ
えぇ〜☆めんどいから嫌だ☆
ミカ
ミカ
じゃあ、私が作ってあげるわ☆
あみ
あみ
やっぱり私作りたいから作るわね☆
ミカに料理作らせたら、ろくなことないから☆
ミカ
ミカ
何よそれ!?
あみ
あみ
まぁ、はやく帰りましょ☆
ミカ
ミカ
それもそうね
そう言いミカとあみは帰って行った
神様
神様
後片付けするか…
あなたさん
君は何も分かってなかったね
自分が知らず知らずのうちに犯した罪を
神様
神様
まぁ、君の来世がそして来世の君が
良いものになりますように
神様
神様
現世の君は少し
出過ぎたんだよ
神様
神様
ねぇ、これを見てる君もわかる?
知らず知らずのうちに犯した罪
君もきっと1つや2つあるんじゃない…?
神様
神様
まぁ、こんなこと
頭の隅に置いといたらいいよ
僕は君達が罪を犯さないことを願ってるよ

もし罪を犯したら

ミカ達に殺されちゃうかもね?
神様
神様
さてと、何言ってんだろ僕
はやく片付けてミカとデートに行かないと!
僕の可愛いミカ〜!
主:文字数2389文字というね
頑張りですよ!褒めて!←

まぁ、皆さん知らず知らずのうちに
罪を犯さないよう気をつけてね…?

あ、コメントしてくれたり
フォローしてくれたら嬉しいな!