無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

983
2021/07/12

第7話

7〜主人公side〜
あなたside
あれから荷物まとめも終わり,猿と一緒に新しい家に向かっていた。
青木 あなた
そーいえばさ
ころん
ん??
青木 あなた
兄さんって今何してんの??←
ころん
うっそでしょ??
ころん
この前すとぷりっていうグループで活動させて貰ってるって言ったやん!!
青木 あなた
え,知らない。←
まぁ,知らないって言うのは嘘だけど知らないって言っとく。うん。←
ころん
はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……。(クソデカため息)
青木 あなた
ため息ついてねぇで,いつ着くの家。
ころん
え??ここだよ??
青木 あなた
は??
え??目の前には金持ちが住むような豪邸みたいなのしかないよ??
俺の目ん玉ついに逝った??
文面からでは伝わらないかもしれないが(←メタイ),俺は今とてつもなく驚いている。
驚きすぎて息とまりそう。←
だって2人でこんなでかいの……………。(放心状態)←
青木 あなた
俺ら2人しか住まんのにこんなでかい家買ったの??
ころん
え2人だけじゃないよ??
青木 あなた
は??←
マジでこの猿何言ってんの??
「2人だけじゃない」!?
じゃあ他に誰が住むんだよ,言ってみろよ。←
ころん
とりま家入ろ。
青木 あなた
ア、ハイ←
俺は全く状況が掴めないまま兄さんに着いていくと,玄関付近に5人ほどの男の人がいた。
青木 あなた
………アノ、ドチラサマデショウカ?←
ころん
wwwwwあなたw喋り方おかしいwww
???
ころちゃん!!
ころん
ごめんごめんw遅くなっちゃったwww
青木 あなた
は??知り合い??
ころん
うん。
猿は当然という顔をしながら俺の方をつかみ,5人の方に向かせた。
ころん
紹介するわ。こいつ僕の弟。
青木 あなた
あ,初めまして。猿の弟です。←
ころん
おい!!←
莉犬
あ…どうも。莉犬です。
るぅと
るぅとです。
さとみ
さとみ………です。
ジェル
ジェルや……………です。←
ななもり。
ななもり。です。あなたくん,ころちゃん,これからお世話になります。
青木 あなた
あ,お世話します。←
ころん
違うでしょw
青木 あなた
オセワニナリマス。←
ころん
wwwwwwwwwww
俺は呑気に笑っている猿の腕を強くつかみ橋まで連れていった。
ころん
痛い痛い痛い!!!!
青木 あなた
おい猿。
ころん
ハ、ハイ。
青木 あなた
どういうこと??1から説明してもらえる??(圧)
俺から見たらだけどさ,あの…ななもり。??さん以外は全員混乱してるように見えたんだけど………
ころん
実は………
それから,このことはななもり。さんところちゃんが仕組んだものでみんなのビックリしているところが見たかったという。
青木 あなた
え,じゃあ一緒に住むのも嘘??
ころん
それはマジ。
青木 あなた
本気と書いてマジとよむのマジ??←
ころん
いえす。
青木 あなた
………………………もう諦めるよ,俺は。←
もう意味がわからすぎて俺の頭が機能しなくなったし,一緒に住むことくらい別にどうってことないし。
だって相手全員男だし。
青木 あなた
とりあえず入ってもらったら??
ころん
それな。
俺は5人のところに行った。
青木 あなた
あの,暑いので早く入った方がいいですよ。俺は後でいいので先入って休んでて下さい。
ななもり。
あ,ありがとうございます!!ていうかあなたくんって何歳??
青木 あなた
俺っすか??
ななもり。
うん。
青木 あなた
俺は19っす。
さとみ
若ッッッッッッッ!!
莉犬
え,じゃあ今大学生??
青木 あなた
いや,声優やってます。
莉犬
声優!?
ジェル
スゴすぎるやろ。
ころん
ついでに言うと,あなた作曲の仕事もやってるよ。
なんでこいつ余計なこと言うわけ??
るぅと
えぇ!?ほんとですか!?
青木 あなた
いえいえ,全然まだ始めたばかりなので…(苦笑)
……………………なんでこんなに俺の事聞いてくんだろ。
てか,早く家入って欲しいから話しかけたんだが??

色々気使ってんのかな。
俺にそんなことしなくていいのに。