無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,103
2021/07/03

第6話

6〜主人公side〜
主人公side

あの猿との電話の1週間後。

俺はあのくそ猿の指示により,2週間後だったはずの引越しが1週間早められて今日になり,すぐに移動できるように荷造りをして運び出す,という作業に追われていた。
青木 あなた
もっと早く連絡しろよ!!
ころん
ごめんごめんw
その連絡にむかつきすぎた俺は猿の家に凸り,猿を俺の家まで引きずり出してきたって訳。
ころん
それにしても荷物多くね??
青木 あなた
口じゃなくて手ぇ動かしやがれ猿。←
ころん
ハイ、スイマセン。←
喋るくせに手が進んでないとかなんなんだよ。←
言っとくけど,俺の方が今進んでんだからね。
なんでかって??
………だって俺喋ってないもん。←
青木 あなた
てかさ,引っ越すのは100万歩譲っていいとして、←
ころん
譲りすぎじゃない??←
青木 あなた
誰のせいでこうなったと??←
ころん
ゴメンサナイ。←
猿には自覚がたらなすぎるんだよな…。
………………ほんとむかつく。←
青木 あなた
てか俺が今日から住む家ってどこ??
あの電話の後,”猿は家は全部自分が決める”と言って俺に家を決めさせてくれなかった。
ころん
家の心配は大丈夫!!多分………。←
青木 あなた
おい。
ころん
大丈夫,大丈夫!!暮らすぶんにはちゃんと暮らせるから!!
青木 あなた
あっそ。
次引っ越す時はちゃんと自分で家決めよ。←