無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,415
2021/06/14

第1話

1〜主人公side〜
主人公side
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪

突然かかってきた電話。
今は夜の2時である。

ん??なんでこんな時間まで起きてんのかって??

そんなの簡単だろ,オールだよオール。←
後ちょっとでレベル上がるんだよ。
青木 あなた
あ,電話。←
君達と話すぎて電話のことすっかり忘れてたわ。←

俺は急いで誰かを確認すると,
青木 あなた
なんだ兄さんじゃん,いいや出なくて。←
兄さんの電話はいっつもろくな事ないからね。
そういうのは出ないのが1番なんだよ(ニコ←
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪…ブチッ!!
よっしゃ切れた。←
青木 あなた
ゲームの再開だ(ヒヒヒッ
そう思い,ニン○ンドウス○ッチの電源を入れ直す。

その10秒後。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪
青木 あなた
チッ←
おっしゃ,今度は俺から切ってやろ。←
ブチッ!!!!
青木 あなた
なんかいい気分だなぁ。←
青木 あなた
フォート○イト〜♪
やっとゲームができる。
•*¨*•.¸¸♬•*¨*•.¸¸♪
………………………………………。
青木 あなた
ほんとあの猿うっせぇな。←
しょうがないからでてやるか。
そう思い俺はスマホを取り耳に当てた。