無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🦁
また寝てた………もう夕方だ…


ギュー
栗原
栗原
ん?リエーフ?
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
おはよ…
栗原
栗原
ん
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
もう夕方だね………
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
泊まってく?ニヤニヤ
栗原
栗原
んーどっち道一回帰らなきゃ
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
そっか………
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
じゃあもうちょっとこれで笑笑
栗原
栗原
わかった
ムニムニ……
栗原
栗原
あ、ちょっと!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
やっぱあなた胸デカイよなー
栗原
栗原
やめてくれ笑笑
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰ろうと思って着替えてたら……
背中に無数のアザが…………



リエーフ…寝てる間にやりやがったな…
栗原
栗原
じゃーね!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
おん。てか送ってく
栗原
栗原
ありがと。




ガチャ


栗原
栗原
ただいまーーー
栗原 母
あ!ちょうどよかった!!
あなた!これからお母さん仕事なの!
リエーフ君家泊まってってくれない?
もう頼んどいたから!
ピーンポーン
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
おーい
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
今母さんから電話あって…………
栗原
栗原
わかってる。
栗原
栗原
じゃあ………戻ろっか。
栗原
栗原
あー、その前に着替え持ってくるね
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
ほい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
結局泊まるやん………
まぁいっか!リエーフと居れるし!!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
あー、風呂入る?
栗原
栗原
先いいの?
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
うん。
栗原
栗原
じゃあ入ってくるね
まぁこの選択が間違いだったわけで………
















栗原
栗原
うん。なんでリエーフいるの?
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
え?お風呂入ってるの。
栗原
栗原
わかってる!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
えーやだ?
栗原
栗原
や…………嫌じゃないです
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
じゃあいいじゃん!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
うわーお前背中すげーぞ笑笑笑笑
栗原
栗原
お前がやったんだろっ!!!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
えへへー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この後もいろいろあったのはまた別の話。