無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🦁
栗原
栗原
(次持久走か…………
ε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノ
栗原
栗原
(ナニコレ………肺痛い…苦しい
ε=(ノ゚д゚)ノε=(ノ゚д゚)ノ      (  -。-) =3
栗原
栗原
(………もう大丈夫かな……苦しいけど
栗原
栗原
ゲホッゲホッ
クラスの女子
大丈夫?
栗原
栗原
うん!大丈夫だよ!!
灰羽リエーフ
灰羽リエーフ
あなたーーー!!
クラスの女子
あ、彼氏さんがお呼びですよ~
栗原
栗原
もう!///
栗原
栗原
リエーフー!こっちー!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
肺が痛くなったのは運動しているときだけじゃない。
先生
ここがχだから………
栗原
栗原
(痛っ………まただ…
栗原
栗原
ゲホッゲホッ……
休み時間
クラスの女子
ねぇ…………大丈夫なの?
クラスの女子
さっきも咳してた
栗原
栗原
風邪かなぁ…………
クラスの女子
お大事にしてね!!






クラスの女子たちは心配してくれてたけど


リエーフにはどうしても言えなかった………
心配かけたくなくて………





ちゃんと言うべきだった。



まさかこんなことになるとは思ってなかったから










ごめんね、リエーフ………。