無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
204
2021/02/16

第1話









「ねむい、ねむいよー」



田中「あなた!!俺のとこにおいで!!」



「むぅー、こうちーお膝いい??」



髙地「あなたおいでー」



田中「おぉい!!無視するなよ!!」



「ごめんねぇ田中、今はこうちの気分なんだよ」



田中「えーじゃあ次俺ね??」



「わかったぁ、」



髙地「あれっもう寝た笑」



(ガチャ



ジェ「最初はグー」



ジェシン「「ジャーン」」



ジェ「AHAHッ!!笑まじおもしれぇ笑」



森本「あれ??あなた寝てんじゃん!!」



ジェ「ほんとだっ笑可愛いー」



松村「お前らまじでうるせぇから」



森本森本「ソーリーソーリ笑」



京本「なんか俺も眠くなってきた〜」



田中「きょもは俺のひざ来てくれるよね??」



京本「いや、行かないー」



田中「えっ、俺今日みんなから振られる日??」



松村「そうなんじゃない??笑」



田中「え、なんか今グサってきたよね、グサって」



髙地「どんまい笑」




田中「お前勝ち誇った顔して言うなよ!!」



ジェ「ちょっと落ち着けってAHAH!!笑」



















田中「はぁー寝顔可愛すぎ♡」



(カシャ



松村「あーそれ後で送って」



森本「俺にもー笑」



田中「じゃあみんなに送るわ笑」



















(田中「ここだけの話」)








(田中「SixTONESにはガチで可愛い紅一点がいるんすよ」)