無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

115
2021/02/23

第4話













森本慎太郎.部屋











「しんちゃん起きてる〜??」



森本「………」



「しんちゃん〜起きて!!」



森本「フフッ笑



「あっ、しんちゃん!!起きてるでしょ!!」



森本「起きてません〜笑」



「いや、起きてるじゃん!!笑」



「なんで起きてるのにリビング来なかったの??」



森本「あなたに起こしてもらいたかったから!!」



「なにそれ笑」



森本「これからも起こしてね〜」



「はいはい笑でもちゃんと起きた時はリビング来てね??」



森本「はーい!!」












田中樹.部屋









「たーなーかー」



田中「ん、あなた??」



「あなただよー、早く起きてー」



田中「まだねみぃから起きないー」



「早く起きないと、今日構ってやらないよー??」



田中「それは嫌だ〜、だけど眠い〜」



「じゃあもういいのね??先にリビング行っちゃうよ??」



田中「だめー行ったらダメ〜」



(手を引かれる



「うわっ!!」



田中「行ったらダメって言ったじゃん」



「なんでジェシーと同じことするのー笑」



田中「うわっ先にジェシーがしたのかよ、」



田中「明日は俺から起こしに来てね!!」



「なんで起こされる前提なのよ!!笑」



田中「むふふふ笑」



「えー、きもい」



田中「うっ、なんか心に深く突き刺されたような感じがした、痛いよー、」



「なに??ハグして欲しいの??」



田中「そう!!だからハグしてよ!!」



「じゃあ、今日海に連れて行ってね」



田中「えっ!!あなたと二人でデート?!」



「えっ違うよ??もちろんみんなもいるよ??」



田中「えー、!!なんでよー」



「みんなと久しぶりに行きたいなーって思ったから笑」



田中「じゃあ次行く時は2人で行こうね??」



「はいー笑」



「よしっ、リビング行こ!!」



田中「ちょいちょい結局ハグしてないよ??」



「はいはい笑」



(ギュ



田中「よしっチャージ完了!!」