無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

138
2021/02/18

第3話








ジェシー.部屋









ガチャ





「ジェシー起きてくださいー」



ジェ「ん、ねみぃ、」



「眠いけど起きて!!」









「うわっ!!」(手を引かれる



ジェ「あったかーい、」



「もう、ジェシー、」



ジェ「よし、あなたのおかげで起きた!!」



「じゃあ離してよ〜、笑」



ジェ「寒いから離したくない」



「ほかの人も起こしに行かないといけないから、ね??」



ジェ「えー、じゃあ離す」



「えらい、えらい」



ジェ「後で構ってね??」



「はいはい笑」



















京本大我.部屋






「きょもさん〜??起きてください〜」



京本「へっ?!?あなた??」



「あれ〜きょも起きるの早いね!!」



京本「あなたの声聞こえたから目が覚めた!!」



「何それ笑」



京本「あなた大好きだから!!」



「私もきょものこと大好き♡笑」



京本「それはメンバーとしてだよね??」



「そりゃあ、もちろん!!笑」



京本「やっぱりだよね、



「ん??何か言った??」



京本「何も言ってないよ!!笑」



「そう??じゃあリビング行ってきな!!」



京本「はーい!!」