無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

STORY9
in、日曜日

風磨side
風磨
うわっ、人やっば。
あなたと渋谷デート!けど、人がやばい。

サングラスしかしてないんですけど。笑

バレるかな?


久しぶりにあなたとデートだから、ファンの子は気つかってね!笑

変装してない俺が悪い。笑




あ、なんで俺が怒ってたかっていうと、あなたが俺以外の4人と遊んで、おソロのもの買ってたの。

俺だけあなたとおソロのものないじゃーーーーんっ。ってね。笑笑

まあ、要するにヤキモチ。ふっ。笑笑



その時の映像がこちらでーーーすっ!
健人
ねーーーっ、ふまたん見てーーー!
風磨
んぁ?
健人
あなたとね!前に原宿デート行ってきたの!
風磨
うん。で??
健人
それで、おソロのブレスレット買った♡
風磨
へー。
その時はまだ、いいんじゃね?ぐらいだったんだけど、、、
勝利
俺も前にあなたと遊んで、ネックレス買った!
俺もー!
ピアス買ったー!
マリウス
僕も僕も!
Tシャツ買った!
風磨
は?俺、おソロの持ってない。。。
俺って、みんなに対してSだよね...。笑笑
健人
え?ふまたん持ってないの!?
風磨
うん。。。
ってな、感じね。
伝わった?笑

風磨
ってか、あいつおせー。
もう、30分は待ったぞ。




それから、10分後。。。
あなた
ごめーーーん!
待った??
そう、上目遣いで聞いてくるから...
風磨
俺も今来たとこ。
あなた
うっそつけ。笑笑
朝からその笑顔はずるいよね。笑
風磨
嘘。笑笑
あなた
嘘なんかーーーいw
風磨
ほら、行くぞ。
あなた
あ、うん!
俺はあなたの手を取って歩き出した。