無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,719
2021/04/06

第3話

続き
《野火丸》
ドンッ…


「!あなた、今日は意外と積極的ですね?」


『…野火丸、す、すき。』


「………すいません。よく聞こえなかったので
もう一度お願いします。」


『絶対いま聞こえてたでしょ!!』


「ふふっ…きちんと聞こえてましたよ」


とか言ってキスしてくる野火丸くんすこ(
《ミハイ》


ドンッ…

…。


「…何のつもりだ?」


『………す、スキデス』


思わず片言になってしまうあなたちゃん。
「普通は逆であろう。」


バッ


腕を引っ張られ壁に押し当てられる。



「コッチの方が眺めは良いなククッ」



ミハイの美しさに目がぁぁ!!目がぁあ!!(ムスカ)
《紺》
ドンッ…



「?どうしたんだあなた?」


まず壁ドン自体を知らない方パート3←


『す、好きな相手には、こうするんだよ…』


「そうなのか!!なら紺も好きだ!!」


「紺にもその、かつどん…?とやらをやらせろ!」



紺さん、壁ドンです。
















︎︎ ︎












































︎︎
︎︎


まだまだ増やして欲しいキャラが
いたら是非是非コメントを✨


︎︎
︎︎


リクエストも待ってます💖