無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

962
2021/05/26

第9話

_甘々になっていました_
𓅿𓅿𓅿
《夏羽》
「あなた」

グイッと服の袖を引っ張ってくる。

『ん?どうしたの?』

「ハグして」←晶に教えてもらった

『え????』

「俺はあなたの体温をもっと感じたい。」

後々、晶にキスとかなんやら色々教えてもらう。
《織》
2人でお出かけ中

「…なぁ、」

『ん?』

「て、手繋がねぇか?」

『うん。いいよ。』



「冷たッッッ?!」

『あ、ごめん…さっき保冷剤 触ってたから』←

「馬鹿かよ…あ、だったら」キュッ

「こっちの方が良いんじゃねぇか?」

さり気なく指をからませてくる織くん
《晶》
「あなたちゃーん!!」

思いっきりバックハグ。

「ボク今すっごいあなたちゃん不足!」

『え、、?』

「反応薄いよぉ…!今日は一緒に
パフェも食べてデートもするんだからね!!」

『あ、う、うん??』


よく分かっていないあなたちゃんでした。

このあと晶に連れ回させる。
《ミハイ》
「あなた、コッチに来い」

『いやです。』

「…。」

でも無理やりミハイの膝の上に乗せられます。←

「なるほど。悪くないな。」


あなたちゃんを膝の上に乗せたまま

ゲームを始めます(((
《結》
「あなた。」

『ん?』

「晶が言っていた。恋人同士は
キスと言うものをすると。」

『…。』

『きす?なんですかそれ。知りません』←

「キスと言うのは、いわゆる接物という事か?」

「だったらあなたと…」

『しませんしませんしません!!!!!』

処女あなたちゃんにはキスも
ハードルが高いようでs(蹴

































































ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
︎︎
︎︎
更新遅くてごめんなさい。😅😅アセアセフキフキ←
︎︎
︎︎
はい。すませんウザイっすね
︎︎
︎︎
こちらもぜひ!!
︎︎
︎︎
宣伝してくれると
私が喜びます(誰得)