無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,583
2021/04/09

第4話

_冷たくしてみた_
あんちゃん初コメありがとう!笑
────────────
《夏羽》


最近、あなたが俺に触れて来ない。

前までは抱き合ったりよくしていたのに。

何故か心細い。

「あなた…」

『ごめん、用事あるから』

「…。ムスッ」

グイッ ギュッ

『え、ちょ、夏羽…?』

「…なんか心細かったからこのままがいい。」


そのままずっと離れません。
《織》

「ココ、今度皆で行かねぇか?」


『どっちでもいいよー』


「それでさ、この前____」


『へー』


…「なんかお前、最近冷たくね?」


『気のせいデショ。さびしーの?』


「は!?寂しくなんかねーよッッ!!」←図星


冷たくするのも程々に。
《晶》
『ふーん、自分でやれば?』


『私?しらない。』


『あっそー』


「ねぇあなたちゃん…ボク…何かした?


ずっと…クールって言うか冷たいんだけど…。」


『そんなつもりないんだけどな。』


「ほら!!!また冷たい!!!(((泣」

「冷たいあなたちゃんは嫌だ〜!!!!」

そのまま わぁぁぁ と泣きだします。

今すぐ甘やかしに行きましょう
《結》


「あなた、俺は何かしたか?」


『ん?何も?』


「いつもより冷たい気がするんだが」


『え、結の方が冷たくない?(雪男だから)』


「…?そうだったのか?」


『そうだったって言うか、そうじゃん』


「…今度から気をつける。」



『ん?????』



2人とも色んな意味で勘違いしてる様です






︎︎ ︎





















































︎︎
︎︎


こちらは原作沿いで書きます!


︎︎
︎︎


見てくれると嬉しいです🥺


︎︎
︎︎


あ、このお話の続きは
ネタがあったら書きます(蹴