無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

664
2021/07/23

第15話

続き
《ミハイ》
『あれ、ミハイサン今日は珍しく部屋から出てきたんですね。』

「…まぁ、少し用事があってな」

そう言ってニヤニヤするミハイ

『?そうなんですk(

グイッ ダンッ


『…え?』

部屋に戻ろうとしたら腕を引っ張られ
その勢いで股に脚を入れられてしまう。

『えぇええ?!ちょ、離してよッッ!』

「あなた、またシャンプーを変えたのか?」

『はぁ?!なに匂い嗅いでんの変態ッッ!!』

「私が変態だと?私にそんな口を利いていいのか?」

『…。』

「やっと大人しくなったな。それでは…





そのまま、ベッドin☆(タヒね
《紺》
「あなたッッ!!!!!」

『なにどうしたの?』

「そこに立ってくれ!!」

『え、なんで?』

「いいからはやく!!」

『う、うん』

「いくぞ!」


ダンッ


「どうだ!!びっくりしたか?!」

『いや…同性同士だからあまり…。』

「ガーンッッ」


あなたが驚くと思って
せっかく(隠神に)股ドンを教えて貰ったのに

びっくりしないと言われてショックな紺でした。
《花楓》
「ねーねーあなたー!そこ立ってよ!」

ビシッと壁を指差す。

『??わかった。』

『…立ったけど…どうすn「ダンッ

「こうするとドキドキすんだって!どう?した?」

『…ドキドキしたというか…いたい(股が)』

「え?」←


思い切り脚を股に入れられたせいで大事なところに痛みが走ったあなたちゃんでした←

花楓クン、加減はしようね!!

《梅太郎》←リク!
「あの、えと…あなた??」

『ん?呼んだ??』

「そ、そこの壁で写真撮ってあげるから…。」

『なんであの壁で??』

「…取り敢えず壁に寄りかかってくれ!」

『うん??』

「(よし、今だぞ俺。今こそ股ドンを…)」

『??』

「(はー…顔面強い…。)」←

『写真撮るんじゃないの?』

「う、うん!撮るぜ??」

『じゃあ早く撮ってよ』

「……。(早く股ドンしろ俺ェエエェエエエ!!!)」


いつまで経っても股ドンする勇気が出ない梅太郎でした
《全吉》
「…誰もいない…か?」

『全吉?キョロキョロしてどうしたの?』

「…。」


ダンッ!!!


『っわ?!』

『え、ちょ、脚ッッ…離してよッッ!⸝⸝⸝』

「…し、しばらく2人で顔見合せる事できなかったんだからいいでしょ…。」

『だからって顔近すぎだってッッ!!⸝⸝』

「近い方がお互いの表情がよく見えるから俺はいいと思うけど?」


あ、この人ニヤニヤしてますよあなたさん






















リクありがとうございますぅうう!!!!
今回はアニメに出てないキャラが多かったかな
ところで皆さんの推し様はどなたですか?💫💫
私は絶対絶対絶対、花楓クンです!!←←
二推しは全吉かなぁ…🤔🤔
あの!!!!!!!
怪物事変の原作派の方!!!!!
語りませんか!!!!れ!!!れ!!れ!れれれれれれれれれれれれれれれれれれ!!(黙れ