無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

721
2021/07/21

第14話

_股ドンされてみた_
股ドンにします🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰

変態じゃないです🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰
《夏羽》
「あなた、少し良い?」

『ん?どうしたn「ダンッ

『…え?』

「俺以外のやつに目移り………し……………
…忘れてしまった。もう1回、晶に聞いてこよう。」

俺以外のやつに目移りするな。って
言いたかったそうですよ。

股ドンになんの意味があったのかは分かりません(
《織》
ダンッ

『?!ど、どうし、たの?』

「…お前さ、最近油断しすぎだろ」
「こんなことも簡単にできちゃうなんて
おかしいって。危機感ぐらい持てよ」

『あ、う、うん?(怒ってる??)』

「…チッ

ガッッッッ

舌打ちをした後に足を勢いよく上に上げる織。

『っ?!』

「あれ、お前もしかしてこういうことされるの好きなの?」

ニヤニヤしながら聞いてきます。


嫉妬したからってやり過ぎですよ織クン
《晶》
ダンッ

『…ど、どうしたの晶…??』

「…僕だって…

「ボクだってこういうことできるもん!!!」

『へ?』

グイッ

優しい手つきで顎を引いてきます。

股ドン&顎クイのダブルセットです←

『ちょ、な、なにしてるの…??⸝⸝⸝』

…。


「う、うぁぁぁぁあぁあ“ぁあ“ぁあ“!!!
やっぱむり“ぃいい“恥ずか死んじゃううぅううッッ!!!///」


そして光のように去っていきます(
《隠神》
ダンッ

『…どうしたんですか。頭でも打ちました?』

「いや、そこはキャー!でしょ」

『すいません。急にされたもんで』

「唐突にされた方がビックリするんじゃないのか??」

『いや隠神さんの場合はされても…』

「オジサンで悪かったな!!!(泣)」


取り敢えずカオス状態。
隠神さんは少しショックだったらしいです
《野火丸》ちなみにいつも野火丸は大人ver.の設定です
『あ、あの急に呼び出してどうしt「ダンッ

『っ…?!』

「ビックリしました?」

怖いぐらいな笑顔でこちらを見つめてきます。

『…あ、あの…離してくれる?⸝⸝』

「何言ってるんです?嫌に決まってるじゃないですか」

「貴方に拒否権は無いんですよ。」

そう言って今度は腕と腕をまとめて壁に押し付け、動けないようにしてきます。

『ちょ

「あ、もしかしてこうされたいんですか?」


そして次は足をグリグリ押し当ててきます


『っ!!』

「あれーもしかして感じちゃってます??」


確信犯とはこの人のことを言う(
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



続きやす!!!!
というかみなさん、これで一応1000文字超えたんですが読みやすいですかね?


キャラ増やせば増やすほど文字数多くなって
文も長くなりますけど…。


そちらの方がいいですか?

アンケート

どっち?
文字数(文が)長くてもいい
98%
文字数(文が)短い方がいい
2%
投票数: 240票
自分の語彙力行方不明